Home ] Up ] Song of the Cicadas ] Why is the Edge Always Windy? ] Tango, Milonga: A Seismology ] Publications ] Vietnamese Translations ] [ Japanese Translations ]

 

     behind the image, the imagination

                                                        --Mong-Lan

                                                     

 

 

Poems by Mong-Lan, translated into Japanese by Mizuho Murayama.  Professor Murayama teaches American Literature at Aichi Prefectural University in Nagoya, Japan.

詩:モン・ラン

訳:村山瑞穂


From Song of the Cicadas

 

砂と蝿と魚

 

 

消えゆく夕日が入ったグラスを取り、すする。

右手にはカンボジアの峻厳な山々。目の

前にはタイランド湾。くたびれた制服の国境

警備員は、書割の人物のように

動かない。暑い太陽が汗の流

れに髪を固める。白いカモメ

が黒い砂をつつく。地獄が近いと

思わせるほどに黒い砂。太陽が

海へ降りてくるのを待つ。嘔吐感。夕暮れ

時、拡声器からベトナム国営ニュースが

鳴り響く。世界のゆっくりした動き。

炎の薄煙。空から血の気が引いて骨なしの

大洋(うみ)に血が注がれる。

 

 

 

どんなに詳しく描いてみても、

その全体はつかめない。どうしたら理解できる

アジア大陸の南の端を― それが

何だというのだろう。黒い砂が海の青へと色を

変えてゆくこととか、身構えて立つカンボジアの

山々とか。それが何だというのだろう、

窓からは船が埠頭につく様が見えると話したとして。部屋に

いなければ、私は村々をさまよって、土を食べる、恵んで

もらったものを何でも食べる。それは女の身に起こること。

こうしたことよくあること。こうした出来事は。私は

お腹が男の種で膨れ上がるのを見守る。

男は影。薄暮に輝く塩からい穀物を

こさぎ取り、市場で売れるものは何でも

盗む。この土地の両肺は強靭だ。それは赤ん坊の

耳にテノールを響かせる。

 

世界のこの縁はナイフだ。バイクタクシー

の運転手は背を丸める、港の時計、あの、

お客に対する鈍な表情。すべては幻の

また幻。

 

 

 

塩田は大洋(うみ)の光で輝く。あふれる

光で、死んでしまいそう。竹の

家が黒い砂の上に細い脚で立つ。家々は

隙間なく並び、海面に同じ影を映す。

辛子畑は太陽にさらされ黒い卵のよう。

ここで私は妊娠し、最初の子を産んだ。

あの子の指は、砂の感触から素早く動くことを

覚えた。肺と血流の間をくねくねと魚を

泳がさせた。大洋(うみ)と空、それは彼にとって

一つ、両方を歩きまわった。ある日、私は

あの子を遠くに行かせすぎ、黒い波が

やってきて、彼を連れ去った。

 

 

 

漁師たち、別世界でうっとり。彼らの獲物は

斜めに置かれた大きな金属の網の上で乾いてゆく――埃が

広げられたイカの手に降りる。しゃがんで、タバコを吸い、

道のどんなさざめきも逃さない。彼らの皮膚、

筋肉は、粘土のように柔らかい。ハンモックに横になり、

蚊と蝿の王冠を頭上にいただく。

聞かなくても、彼らはあなたの本当の名前を知っている。

 

 

 

 

鼠の巣の髪。彼女は髪を顔からはがす。

こどもたちは拳固で彼女を撃つ。彼女は杖を振り

回す、左に右に、何かを叫びながら。こども

たちは笑う。彼女の目に浮かぶヒステリー。体を

上下させ、食べ物の代金をカフェの台に

打ちつける。こどもたちが笑う。震えながら彼女は

食べ物を人の群れに投げつける。またこどもたちが笑う。彼女の

服はぼろぼろ、シャツは縫い目がほつれている。彼女の

スカートは汚れ、脚は腫れ上がり、硬くなっている。さらに拳固が

飛んでくる。杖で突く。一人の男がこどもたちを掬うように

追い払う。人々の間に絡ませるように、

彼女はオレンジと白の火を吐く。人々の目が

彼女の背を射る。酔った勢いで彼女は浮き橋を

料金を払わずに渡る。硫黄が泡をふいて

彼女のあごをつたわり落ち、鼠の巣の髪は燃え上がる

空に向かって。

 

 

 

彼らは土地を見つめている、空気を見つめている。埃が

集まる。白い弔いの細布を額に

結ぶ。白髪の人々は頭を下げ、

話をしている。若者たちの丸い目いっぱいに映る果物、

米、線香のろうそく、祖父母、曹祖父母の

黄ばんだ白黒の写真。彼らは

あの子を、その似姿を着飾る。

白粉をはたき、口紅を塗り、髪を後ろに梳く。生きて

いたときのように、死後はそれ以上に生き生きと。私の赤ん坊は

静かに死んだ。小鳥のほかに、それを見た者はない。

 

 

 

 

 

大洋(うみ)は釣り針にかかり、何か独り言をつぶやいている

魚のように土地に沿ってひん曲がっている。

人々が小声で歌っている。空っぽの竹の家。女たちは

えびを土に打ち返す、ピンク色の真四角にそれらを

並べて乾かした後。はらわたは抜かれ、

タイランド湾に解き放たれる。

 

 

 

豚が毎朝、波止場に到着し、命乞いの叫び

をあげる。幽霊のように網の上で乾く

イカの列。村全体はしっかり残っている、

干し魚とイカの匂いも。ベトナム人の

少年たちがカンボジアのテレビを見ている。脚の

下では湿った黒い砂もまた別の言語を話し、

歯と歯が激しく当たり、方言と方言がぶつかり合い、

舌はゆがめる北と南を、海岸と

土へと。これは何という国?それはかつての

故郷、私の子どもが生まれ、死んだところ。

何より良かったのはたぶん、あの子が見たのはこの太陽だけだったこと。

 

 

 


 From Why is the Edge Always Windy?

 

 

ひそやかに聞こえる水音

 

                耳を押し当てて聞く

   まどろむデルタ

     鼻腔の奥深くに海の塩

 

朝晩の食事に使う

         水  下水からポンプでくみ上げられる  通り

 

                        急ぎ足

    と路地(もの思いに湿る部屋)

               がカタカタ鳴る

      ずぶぬれの歩道が匂う

          起き抜けに洗う私の髪の匂いで

       服を洗う  擦って洗う

    たらいの音

      泡だらけの手に合わせて

     女 彼女にまとわりつく利かん気の子どもたち

 

夢を見たいのだけれど聞こえてくるのは

        女たちの水汲む音男たちのポンプを押す音

                            イオンをひきつけるイオン

          エレクトロンを跳ね返すエレクトロン    うがいの音

             足はいつも湿っている  顔も両手も

 

        冬がくる

           わたしたちは寒さのなかで洗濯する

       明かりの消えた夜

             船酔い 藁の敷物 猫が跳ねる  真夜中

 

     わたしは息をしたいのだけれどいったいどんな息

  女はまだ夫と娘の服を洗濯している 

                 服をきつく絞る

 

        生と死の間

               聞こえるのは丸いたらいに注がれる

         空になった息の詰まった

                  水     たらいがコンクリートにあたる

        女は手足をゆすぐ

 

            

            昼と夜の間

                              低く響く音

           5:30に最初に女が起き

        粘つく口をゆすぐ

           仕事のざわめきが始まる

                 イオン集団のなだれとともに

              朝帰りの酔っ払いは改心し

母親は子どもたちを学校へとせかす   目に入るのは薄汚れた洗濯物とテレビ

   灰  ラジオ

                   音楽が鳴り渡る

 七十年代、八十年代の友愛軍

            吊るされた花のような陰鬱な声

すると階下の少女が洗い始める、はてしなく長い

            黒檀の髪

 

       歩道は22の家族の家へと続く

             あちこちに流れる細い水

           屋根をつたわり

      コンクリートは緑の藻に覆われる

            

             ひそやかに聞こえる水音

                ハノイの(はらわた)は翡翠に変わる

 

            

 


From Why is the Edge Always Windy?

 

 

エメラルドの世界

 

 

 

                     未来を思い出す

かもめたちが筋雲の切れ間から宙返りするように

 

    男たちは目を大きくして彼女たちの尻をみつめながら歩く

              おなかをぺたりと砂につけて横になっている者もいる

    ある女   乳房が白く垂れてよくしゃべる

   海の12音階が聞こえる

      砕ける波

 

                防波堤に当たって

            聞こえるそんなにしょっちゅうではないけど

 

 

    海の翳のもと

         目に見えるものすべてに触れ

      固まりがはじける

                 光と要素から

まさに世界は危機に瀕している

 

 

 

景色を理解しようとすることを止めた

一日に12時間テレビを分裂症的にみること

             赤い蟻の目をしたアル中

     ホテルのマネージャー 彼の鶏肉血を滴らせる

        浮き上がる片手  殺すセルビア人

太陽が窓から飛び降り 地面に飛び込む

                       野鴨が鏡を割る

 

 

4.

 

         至福千年の最後のあえぎ

憂鬱なベトナムの歌が泣くように響く

  その音節は磁器のお椀を叩く音に似て

 

 

5.

 

                   思い出す

      未来  私は何か奇妙なものへと運命づけられている

あるのは忍耐、冷蔵庫のあの色と    

                     共時性と

エメラルドの仏陀たちの森

 
     
Copyright 2001-2006  by Mong-Lan. All rights reserved.  Website created by Mong-Lan.
Please respect the fact that all artwork and writing (except where indicated) and poetry on this website are copyrighted by Mong-Lan. It may not be stored, displayed, published, reproduced, without her written permission.